肌のたるみ防止・改善には、内側からもケアしてあげることが大切です。

肌のたるみ防止・改善には、内側からもケアしてあげることが大切です。

肌のたるみ

 

防止・改善には、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、を補ってあげることが大切です。
コラーゲンが不足すると保湿力や弾力性がなくなります。それを防ぐ食べ物には、牛すじ(牛のアキレス腱)が最適です。美肌のために食物繊維と一緒に摂るならば、舞茸と牛すじの煮込み料理などが適しています。
他には、鶏肉の皮もコラーゲンがたっぷり含まれて食べ物です。ヒアルロン酸も入っているのでおすすめです。骨や皮の部分に含まれているので、焼き鳥などにして鶏皮を食べると良いでしょう。
コラーゲンやヒアルロン酸の吸収率を上げるには、水溶性食物繊維のβグルカゴンで腸を綺麗にしてから食べると良いです。腸を掃除してから摂取することで、吸収率が上がり、効果が高くなります。
また、βグルカゴンにはストレスによって低下した免疫力を回復させる作用もあります。腸は第二の脳とまで言われている器官で、免疫系の機能を司っています。ストレスを解消することで睡眠の質が高まり、肌のターンオーバーを促進させてくれます。
βグルカゴンが含まれている食べ物は、舞茸や大麦です。大麦を摂取するならば、女性ホルモンに似た働きをしてくれる大豆イソフラボンが含まれている納豆をかけて摂取すると良いです。大豆イソフラボンには保湿効果があり、肌のハリが失われるのを防止して、たるみを改善してくれる効果があります。